• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 社会科学 > 公募型 > 助成実績報告書(第35輯)

社会科学助成

直近の実績報告(助成対象者)2020年度に受理した報告書の研究実績概要

研究助成
助成対象者 研究課題名
島田 陽一
(早稲田大学法学学術院・教授)
日本における「同一労働同一賃金」原則の規範構造に関する歴史的研究
巽 智彦
(成蹊大学法学部法律学科・准教授)
行政主体の機関責任――法人のガバナンスの横断的研究の端緒として
山元 一
(慶應義塾大学法務研究科・教授)
グローバル比較憲法研究の動向とその課題
家富 洋
(新潟大学・教授)
日本の上場企業の所有権構造:ネットワーク分析
源河 達史
(東京大学大学院法学政治学研究科・教授)
グラーティアーヌス教令集注釈書Summa Monacensisの校訂
高橋 百合子
(早稲田大学政治経済学術院・准教授)
政治学研究における因果推論の方法論と応用
中内 政貴
(上智大学総合グローバル学部・准教授)
国際規範に対する地域による受容・反発・対案の政治学的分析-「保護する責任」概念を事例として
松浦 寿幸
(慶應義塾大学産業研究所・准教授)
製造業企業のサービス化の実態とその要因
松島 みどり
(筑波大学・准教授)
民族多様性と人々の健康~ミャンマーを対象とした研究からの多民族共生社会への示唆
葉 聰明
(九州大学経済学研究院・教授)
経済リテラシー,行動バイアス,および財務行為との関係に関する研究
渡井 理佳子
(慶應義塾大学大学院法務研究科・教授)
機微技術管理と対内直接投資規制
内海 博俊
(立教大学・教授)
オプト・イン型集団訴訟手続の活用可能性と課題:合衆国公正労働基準法上の集合訴訟を素材として
高橋 秀徳
(名古屋大学大学院経済学研究科・准教授)
日本の証券市場におけるアノマリーの研究
津野田 一馬
(大阪大学大学院法学研究科・准教授)
国際比較と経済分析からみた日本の企業統治――経営者人事と配当政策を中心に――
華井 和代
(東京大学未来ビジョン研究センター・講師)
「グローバル・ルール」としての紛争鉱物取引規制の実態
藤本 淳一
(政策研究大学院大学・准教授)
ライフサイクル上の雇用・失業、特に非正規労働者と女性労働者に関する経済分析
松本 朋子
(東京理科大学理学部第一部教養学科・講師)
体制転換が政治・経済エリートにもたらした影響: 明治維新を計量分析する
馬奈木 俊介
(九州大学大学院工学研究院・教授)
人口減少社会における農林水産業の第6次産業化とその持続可能性
山﨑 潤一
(神戸大学大学院経済学研究科・助教)
都市の土地における取引費用の定量化、及びその歴史的起源について: 江戸/東京の事例から

金融・証券のフロンティアを拓く研究助成
助成対象者 研究課題名
鯉渕 賢
(中央大学商学部・教授)
機械学習による新聞記事テキストを用いた企業動態情報大規模データベースの生成と分析
清水 千弘
(日本大学スポーツ科学部・教授)
日米における商業不動産価格のダイナミクスの比較研究

国際交流助成(研究者の海外派遣)
助成対象者 研究課題名 派遣先
上田 晃三
(早稲田大学政治経済学術院・教授)
デフレ下における物価動向の研究 カナダ・バンクーバー・ブリティッシュコロンビア大学
津田 智成
(北海道大学大学院法学研究科・准教授)
公務員の対外的賠償責任に関する日仏比較法研究 フランス・パリ・パリ第1大学
長戸 貴之
(学習院大学法学部・准教授)
租税法と諸私法の関係の機能的分析 アメリカ合衆国・ニューヨーク市・ニューヨーク大学法科大学院
戸堂 康之
(早稲田大学政治経済学術院・教授)
グローバル化と人間の閉鎖性-無作為化比較試験と行動経済学的実験による実証研究- エチオピア・アセラ・アルシ大学

講演会等助成
助成対象者 講演会等名称 主催団体名
田村 陽子
(筑波大学法科大学院・教授)
法曹倫理国際シンポジウム東京2020
International Legal Ethics Symposium in Tokyo 2020 (ILEST2020)
弁護士および弁護士会の職業倫理的当為の研究会

「女性が輝く社会の実現」をテーマにした講演会等助成
助成対象者 講演会等名称 主催団体名
柴田 邦臣
(津田塾大学学芸学部・准教授)
「インクルーシブ・フロンティア・サロン:女性だから、障害があるから輝き活躍する場」 津田塾大学インクルーシブ教育支援室
山下 裕子
(一橋大学大学院経営管理研究科・教授)
「女性の智慧が創る新しいキャプテンズ・オブ・インダストリー」 一橋エルメス会
ページトップへ戻る